リバウンドの対策

リバウンド対策には適度な運動を

リバウンドで元に戻っては、体重をせっかく減少させてもムダになってしまいます。

体重を減らしてもリバウンドしない体質になるには、適度な運動をすることが大切です。1週間に1〜2回ぐらいの有酸素運動や筋トレをするようにすれば、毎日欠かさず運動しなくても大丈夫です。

運動によって消費カロリーを増大し、より効果的にダイエットができるだけではなく、筋力アップをすることもできます。基礎的な体力が筋肉を鍛えることによって高まるので、あまりリバウンドをしない体質になるのです。

反対にリバウンドしやすくなることがあるのは、ハードな運動と厳し食事制限を組み合わせたときです。強制的に摂取カロリーを減らして体重を少なくしようとするとどうしても足りなくなりやすいのが、肉類などのたんぱく質です。たんぱく質は筋肉をつくるために必要な栄養です。

運動で体がエネルギーを必要とすると、体は、最終的には筋肉を分解してまでもエネルギーをつくろうとします。日々たんぱく質はきまった割合で消費されています。

体の筋力は、たんぱく質を摂取しなければ、筋肉をつくるもとがなくなっていくので少なくなっていってしまうのです。体の筋肉が少ないと新陳代謝がダウンして、食事量を少し元に戻しただけでリバウンドする体質になってしまって、体重が戻ってしまうことになるでしょう。

リバウンド対策をしつつも体重を少なくするために大切なことは、運動をすることです。運動だけでなく、良質なたんぱく質をある程度補うようにすることも、リバウンド防止のためにも心がけたほうが良いでしょう。

 

サイトマップ