リバウンドが起きるメカニズムについて

リバウンドが起きるメカニズムとは?

ダイエットの後にリバウンドがあるメカニズムとは、何なのでしょうか。食事の分量を急に少なくすると、リバウンドの可能性が高くなるといいます。

とはいえ、ダイエットのリバウンドと、カロリー制限との相関関係がどこにあるかが、よくわからないという方も、実際はいるといいます。また、リバウンドのメカニズムを理解すると、リバウンドしにくいダイエット方法を実践しやすくなります。

ダイエットのメカニズムとは、一旦は少なくした体重が、急激に元どおりになってしまうということです。人間の体が備えているホメオスタシスという機能が、リバウンドのメカニズムと関わっています。外部の環境が変わっても、ホメオスタシスがあることで、同じ体調でいることができます。

人間の体は体温がいつも同じですが、これもホメオスタシスの働きが影響しているといいます。体重も同じで、カロリー摂取量が急激に減るとホメオスタシスが働き、体重が減りすぎないように、脂肪を減らしすぎないように働きます。

ホメオスタシスのお陰で、遭難しても助かることがあります。食事などから摂取できるカロリーがいきなり少なくなった場合、ホメオスタシスが働いた人体は新陳代謝を低く抑えて、残り少ないカロリーを大事に使います。そのため新陳代謝が低下し、摂取カロリーは使わずに貯め込もうとします。

カロリーを体内に蓄積するモードに入っている時に、ダイエット以前の食生活に戻った場合、余剰カロリーは体の中にそっくり残るという形になってしまいます。メカニズム的には、このような形です。

ダイエットを実践する時には、リバウンドと体重のメカニズムを理解することで、ダイエット後の体重を維持てきるように考えながら体重を減らすことが大事です。

 

サイトマップ