リバウンドしないダイエット成功法

リバウンドしないダイエット方法

リバウンドのメカニズムがわかれば、ダイエットを行う時にリバウンドを回避しやすくなることでしょう。

人間の体は、使わなかったカロリーを脂肪として蓄積したり、代謝を調節して必要な分だけのエネルギーを使うメカニズムがあります。

リバウンドを起こさない為には、代謝を下げないようにすることが大切です。そして、カロリーが脂肪になりにくい状態を意識することです。

ダイエットには食事量を減らす方法や、低カロリーの食材に置き換えるダイエットがありますが、いずれもリバウンドのリスクが高い方法です。

食べる分量を制限することが、イコール、ダイエットとは言いきれません。食事の量は、計画的に減らすことです。

健康な体を維持するためにはどのくらいのカロリー摂取量がいいかは、性別や年齢、日々の生活でどのくらい体を使うかによります。

代謝を上げるためには、運動不足を解消するための取り組みが必要です。リバウンドをしない程度の食事の量を維持しながら、ダイエットをしましょう。

好物を食べない生活を継続していると、ストレスの反動で思いもよらない行動をしたりします。食事制限をしすぎると、いらいらしたり、夜に眠れなくなるという人もいます。

1週間に1回くらいは食べたいものを食べたり、たまには自分へのごほうびをあげておやつを食べたりすることで、ダイエットの中にも楽しみが見出せます。

食事の時間を長めに設定したり、しっかり噛んで食べる習慣をつけることで、たくさん食べなくてもよくなる人もいます。

リバウンドのメカニズムを考えると、一口食べたら箸を置くくらいのつもりで、ゆっくり食べると自然と食事の量も少なくなります。

リバウンドをせずに体重維持する

リバウンドのメカニズムを知ることで、ダイエットにリバウンドが発生する理由がわかります。

体重を減らすことができたらダイエットが完了するということにはなりません。ダイエットがうまくいったと言い切るためには、一度減らした体重をそのままにすることです。

体には、体重が減少すると、それを取り戻そうとするメカニズムが備わっています。それは、新陳代謝や、体温、体重が急激に変化して、体を維持していけなくなると死に至ることもある為です。

体脂肪は、ある程度体にあることで、免疫抵抗力をつけています。急激に体重が減少すると、内臓機能に支障が生じたり、肌荒れの原因になってしまうという要素もあります。

元どおりの安定していた体重にすることで、健康状態を一定に保ちたいという体のメカニズムがリバウンドの元です。
ダイエット後もリバウンドが起きないようにするには、リバウンドのメカニズムを理解して、食生活などに気をつけることです。

せっせと体重を減らすことができたといっても、ダイエット前のカロリー摂取量に戻すと、体重は元の状態になってしまうでしょう。

減った体重が元に戻らないようにするには食事と運動が大事ですが、ダイエットの最中ほどの制約はありません。食べ過ぎないこと、体を動かすことは、今後体重を維持し続けたいと思っている限り、ずっと続ける必要があります。

食べ過ぎたり、運動不足が続くような日があったら、体重が増える可能性を考えて、ある程度は食事制限や軽い有酸素運動などをする必要があります。

食べたいものがあっても、体重について思いを巡らせることができなければ、ダイエットをしてもほどなく戻ってしまいます。

常に、リバウンドのメカニズムを頭の片隅においておいて、食べすぎには注意するようにしましょう。

リンク集

ハニーウイング
益若つばさちゃんがプロデュースしたカラコンハニーウイングの3ヶ月使える度あり・度なしカラコンが超お買い得です!レビュー・口コミ、装着画像、割引クーポン情報なども紹介します!

 

サイトマップ